2007年05月27日

剱岳 点の記 映画化

今日、ちょっと興奮してる。

大好きな本が映画化されることを知ったから。

「剱岳 点の記」は明治40年7月12日、剱岳登頂に成功した陸軍省陸地測量部測量手、柴崎芳太郎の実話に基づく、新田次郎原作の小説。







この本を読んだのは20年前。

本屋さんのフェアで山積みされていた中から買ったもの。

読んで驚いた。この芝崎芳太郎氏は大石田町の出身。

それを知ったらますますこの本が好きになった。

三角点設定のために山に登らなければならない通常の登山とはまた違う仕事としての山登りの話を山好きな私は息を凝らして読みふけた。


もう今から映画化がまちどおしい。