2007年05月27日

剱岳 点の記 映画化

今日、ちょっと興奮してる。

大好きな本が映画化されることを知ったから。

「剱岳 点の記」は明治40年7月12日、剱岳登頂に成功した陸軍省陸地測量部測量手、柴崎芳太郎の実話に基づく、新田次郎原作の小説。







この本を読んだのは20年前。

本屋さんのフェアで山積みされていた中から買ったもの。

読んで驚いた。この芝崎芳太郎氏は大石田町の出身。

それを知ったらますますこの本が好きになった。

三角点設定のために山に登らなければならない通常の登山とはまた違う仕事としての山登りの話を山好きな私は息を凝らして読みふけた。


もう今から映画化がまちどおしい。


同じカテゴリー(リフレッシュタイム)の記事画像
絵画展のご案内
書初めもどき
山形美術館
バラグッズのお店
花咲かフェア会場の下見
湯ったり館(大井沢温泉)
同じカテゴリー(リフレッシュタイム)の記事
 絵画展のご案内 (2010-11-22 23:49)
 書初めもどき (2009-01-08 21:43)
 映画 「おくりびと」 (2008-10-03 09:35)
 夢厨房東門 (2008-08-28 21:58)
 山形美術館 (2008-08-23 00:36)
 美術館へ (2008-08-21 23:18)

この記事へのコメント
[alice]さん、こんばんは。
楽しみですね。
私も、新田次郎氏は読みあさりました。
「国家の品格」の藤原正彦氏のお父さん。
読んだはずだけど覚えてない。
見直せば思い出すと思うけど。
Posted by bin at 2007年05月28日 00:07
binさん♪

おはようございます。
そうそう、「国家の品格」の藤原正彦氏が新田次郎のご子息だと知った
のは恥ずかしながら実は最近のことなんです。
この点の記を読んだことを境に私も新田作品は読みあさりました。
また時間があるときにじっくり読み返したいなぁ~
Posted by alice at 2007年05月28日 09:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。