2007年10月19日

コサージュ講習会

先日、ある地区の若妻会の「プリザーブドフラワーコサージュ作り講習会」の講師として招かれました。






来月10,11日の「白岩・醍醐地区文化祭」に皆さん出品いたします。
それぞれカラーもデザインも違うので見ごたえがありますよ~。

お近くの方ぜひ見に行ってくださいね。

  

Posted by alice at 17:12Comments(0)プリフラその他

2007年10月11日

家族との別れ

ご無沙汰しておりました。

実は今月一日に義母が他界しました。春からリハビリを兼ねて認知症専門病院に入院していたのですが退院を目前にして肺炎にかかり一ヶ月半の闘病の末帰らぬ人となってしまいました。

義母が認知症を発症してから7年、ディサービスを利用しながらも自宅で介護してきました。しかしだんだん症状も悪化、春に専門病院で見てもらったところ入院治療を進められリハビリを受けておりました。症状も安定したので8月末に退院が決まって次のディサービスの利用先とも契約が済んだ矢先のことです。高熱を出し検査した結果誤嚥性肺炎とわかりました。治療の甲斐あり一時は冗談もしゃべれるほど回復したものの再び高熱にみまわれ、検査した結果肺炎が悪化。それから一週間呼吸困難で意識も朦朧としたまま一日未明息を引き取りました。

長兄に嫁いだ義母、大勢の小姑との生活を送った頃の記憶は鮮明でその小姑のことは誰一人忘れず間違わず覚えていました。最後の最後まで息子を弟と思っていたし私もダンナの従姉妹に思われていました。きっと義母の記憶は幼い頃の子供の姿しかなかったのだと思います。子供として親を亡くすことは言葉には表せないほどの悲しみです。ダンナを見てると一度でもいいから息子であることを思い出してほしかった寂しい気持ちが感じられました。

ここは田舎、人が亡くなると悲しんでいる暇もないくらいやるべき行事が目白押しです。葬儀のあと初七日までは念仏がありご馳走もしなければなりません。私はそのご馳走のことで毎日あたふたしておりました。泊り客も13人おりました。よくフトンがあったこと。一週間たってもまだまだお悔やみにいらっしゃる方もおります。まもなく二七日をむかえるとお寺さんにお参りに行かなければなりません。その後も三七日、四七日と一週間ごとに寺参り。来月早々に四十九日、百ヶ日、納骨式とまとめて行う予定です。それが終わるとじきに雪ですね。今年は初雪が早く大雪になるそうです。また長い冬がやってきますね。


おばあちゃん みんなのことを考えて いい季節にいっちゃたね


ばあちゃんは最後の最後に息子孝行してくれたように思います。


おばあちゃんのおもてなしのうまさ、私も見習おうと思ってます。
私が嫁いで一緒に暮らした12年間本当にどうもありがとう。

天国で安らかにお眠り下さい。