2007年09月20日

ありますか、心にゆとり・思いやり

今朝の県内ニュース!

南陽市で通学途中の小学生の列に乗用車が突っ込み、5年生1人が死亡、6年生1人が意識が朦朧としている


小学生の子供を持つ母として何とも心が痛い話です。

春に「交通安全母の会県大会」があって参加したときの話。

山形県民なら一度は耳にしたことのある言葉です。

「ありますか、心にゆとり・思いやり」

戸沢村在住の当時35歳の主婦の方が考えた県の交通安全スローガン。過去に9年間使われました。

心にゆとりがあれば焦らないし急がない、思いやりがあればひとに譲れる。

ひとりひとりが自分の胸にこのスローガンを刻んでいれば・・・事故は防げるはず。

私も一ドライバーとしてこの言葉を思い出していたところです。

皆さんもどうぞ安全運転を心がけてください、お願いします。


ちなみに今の県の交通安全スローガンは

「山形路、いつも心に思いやり」


秋、紅葉がこれから見ごろですがわき見運転にはご注意を!



  

Posted by alice at 10:10Comments(2)ひとりごと